FC2ブログ

1月の季節のパン『Pain des rois』 パン・デ・ロア

『Pain des rois』 パン・デ・ロア



『Pain des rois』 パン・デ・ロアをご存じでしょうか?
主に南フランスで1月6日のエピファニー(公現祭)の日に食べられるパンです。
そして1月中はパン屋さんに並んでいるパンでもあります。
エピファニー(公現祭):1月6日、東方の三賢人によって、イエス・キリストが神の子として見い出されたのをお祝いする日。

Pain des rois(パン・デ・ロア)は「王様のパン」の意味。リング状で王冠をイメージして作ります。
中にはフェーブという陶器の小さな人形を忍ばせて、切り分けた際にフェーブが入っていた人が冠をかぶり、皆から祝福を受け、
ロワ・ド・ジュール(rois de jour 今日の王様)。そしてその一年幸せが続く・・・といわれています。
フランスではこれを食べないと一年がはじまらない!といわれています。

北フランスではガレット・デ・ロア(洋菓子)が主流で、日本ではガレットの方が有名ですね。
近所のケーキ屋さんでもよくみかけます

長くなりましたが、Bonheurの1月季節のパンは『Pain des rois』 パン・デ・ロア 
リッチな生地にアーモンドベースのクリームが入り、トップはドライフルーツで彩りました。
フェーブ&王冠をお一人1つプレゼント。どんなフェーブが当たるかお楽しみに。

******************
●料金:¥4000が →1月お年玉LESSONで1レシピ¥500オフ!2レシピはトータル¥1500 オフ! 
詳しくはblog お年玉LESSONの記事をご覧ください。

【パン・デ・ロア2個焼き上げ希望の方】
プレゼントにもうひとつ作りたい!という方はパン・デ・ロアのみで¥1000UP。フェーブ+王冠付きで¥1500UPになります。
メールで事前にお申込み下さい。(2個焼き上げは2レシピ割引は適応されません)

●初めてお申込みの方はHPのcontactページよりお申込み下さい)

●時間:基本10時スタート13時ころ終了予定(2レシピは13:30頃終了予定)

一年の始まりをパン・デ・ロアでお祝い致しましょう!
Bonheur 
******************